『あさイチ』めざせウルツヤくちびるのリップクリーム

 2018年12月26日NHKで放送の番組「あさイチ」で紹介の「めざせ!ウルツヤくちびる」に関する情報です。



 くちびるの荒れ対策で紹介された皮膚科医とリップクリームの情報です。

>>>美容家・神崎恵さんおすすめのリップブラシの情報はこちら

アオハルクリニック

 くちびるの荒れ対策を紹介した皮膚科医の女性は、六本木にあるアオハルクリニックのドクター・小柳衣吏子(こやなぎえりこ)さんでした。

 小柳先生による美肌の本もあります。


美肌の王道  小栁衣吏子 (著)

ワセリン

 小柳先生がおすすめしたくちびるの荒れ対策は「リップクリームをぬった上にワセリンをぬる」という方法でした。

 さらに、ぬるタイミングは食事の前、歯磨きの前、入浴の前など「あと」より「前」にぬることが大切とのことでした。

 ワセリンといえば一番人気は「ヴァセリン」ブランドのペトロリュームジェリーですね。香りつきのものなども人気です。


ヴァセリン ペトロリュームジェリー(大)368g [並行輸入品]

 個人的には持ち歩けて使いやすいチューブ入りが好きです。
 ジャータイプのワセリンに比べて、チューブ入りは衛生的に使えて、少量ずつ出すのもジャータイプより簡単です。

 くちびるだけでなく、全身の保湿ケアに使えます。


ワセリンHGチューブ 60g

リップクリームの選び方

 リップクリームはくちびるの状態によって、くちびるのくすみが気になる場合はビタミンE、皮むけが気になる場合はビタミンB群、痛みやはれが気になる場合はグリチルレチン酸が含まれているリップクリームがおすすめとのことでした。

【ビタミンE】
 血液の循環が悪く、見た目が「くすんで見える」くちびるにはビタミンE配合のリップクリームがおすすめです。

 ビタミンE配合の人気のリップクリームがこちら。


【医薬部外品】DHC 薬用リップクリーム


ユースキン リップケア 3.5g (薬用リップクリーム) 【医薬部外品】

【ビタミンB群】
 くちびるの皮むけには、肌や粘膜の代謝を促す「ビタミンB群」配合のリップクリームがおすすめとのことでした。

 番組では「ビタミンB群」と説明していましたが、「ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB 6)」という成分が主に含まれているリップクリームが、くちびるの皮むけや荒れを修復してくれるものになります。

 ビタミンB群配合の人気リップクリームがこちら。


【第3類医薬品】モアリップN 8g

 ↑モアリップは私も唇の荒れがひどい時に愛用しています。医薬品なので、普通のリップクリームより効果が期待できます。


【第3類医薬品】ユースキン メディリップ 8.5g


【第3類医薬品】メンソレータム ヒビプロ LP 6g

【グリチルリチン酸】
 荒れがひどく、「痛み・はれ」がある場合は「グリチルリチン酸」が含まれているリップクリームがおすすめとのことでしたが、上記の「ビタミンB群」配合のリップクリームにはどれも「グリチルリチン酸」も含まれている「医薬品」なので、あえてグリチルリチン酸配合のリップクリームを探す必要はないと思います。

 また、あまりに荒れがひどい場合は体の内側からのケアも必要です。

水分補給

 夏場の「熱中症対策」ではよく「どの渇き・唇の乾燥・口の乾燥」などが熱中症のひとつの症状として危険視されています。

 冬場でも、体の水分不足が唇の荒れを招いてることもあるので、こまめな水分補給を心がけましょう。

ビタミンのサプリメント

 「唇荒れがリップクリームで治らないのはビタミン不足」という説もあります。

 唇荒れはビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、が不足することで生じると言われています。
 暴飲暴食や偏食をやめ、食生活を改善しましょう。

くわしくは>>>唇荒れがひどい人はビタミン不足に注意しよう

 口内炎や口角炎もひどい場合は、医薬品のチョコラBBもおすすめです。


【第3類医薬品】チョコラBBプラス 250錠

>>>美容家・神崎恵さんおすすめのリップブラシの情報はこちら

にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村