テレビで紹介

『どこいこ』ペナルティ・ワッキーおすすめのカードゲーム

投稿日:

 2019年2月17日のテレビ大阪系で放送の番組「やすとものどこいこ」で、ゲストのペナルティ・ワッキーさんが紹介の「カードゲーム」に関する情報です。



 「めちゃくちゃ面白いゲームがある。面白すぎて夜10時から朝5時までやった。東京ではどこも売り切れで手に入らないので、大阪で買えたら・・・」と言って梅田ロフトを訪れたペナルティ・ワッキーさんでしたが、やはり目的のカードゲームは大阪でも売り切れでした。

ワッキーおすすめカードゲーム「ベストアクト」


 ワッキーさんが最初に欲しいと言ってたゲームは「ベストアクト」というカードゲームでした。


ベストアクト 必要なのは演技力だけ!!

 梅田ロフトの店員さんのお話だと、やはりユーチューバーなどがネットで紹介したことで人気に火がついて、こちらの「ベストアクト」は売り切れとのことでしたが、全く同じルールの別のゲームがあるとのこと。

はぁって言うゲーム

 ワッキーさんが欲しかった「ベストアクト」というゲームと同じゲーム作家の方が2017年5月に発表した『はぁって言うゲーム』及び「JELLY JELLY GAMES」版『ベストアクト』に、新しいお題を加えて再構成した新版がこちらの2018年版「はぁって言うゲーム」です。



 ゲームを作った米光一成さんのツイートによると、「ベストアクト」は人気で売り切れというよりも、新たにバージョンアップして「はぁって言うゲーム」に進化したということだそうです。なので当然内容は全く同じな上に「ベストアクト」より面白くなっています。



 Amazonでは「クイズ・パズル・ゲーム」のカテゴリで早くも1位になっているので、売り切れの可能性もあります。お求めはお早めに。


はぁって言うゲーム ([バラエティ])

↓楽天はこちら
【楽天】の「はぁって言うゲーム」

 番組内ではただお題を演じて、みんなで当て合うだけでした。

 実際にはそこに「得点チップ」が発生します。
 当てる人は、正解したら1点のチップ。演じる人は正解した人数分のチップ(3人正解なら3点)をもらいます。最後に一番チップ(得点)の多かった人が勝ちです。

「はぁって言うゲーム」の説明動画

 くわしいゲームの説明は、メーカーの公式動画をご覧ください。

ゲームデザインは米光一成

 ゲームをデザインしたのは『ぷよぷよ』『トレジャーハンターG』『バロック』などコンピュータゲームの企画・監督・脚本、『想像と言葉』『大炎笑』などのアナログゲーム制作を手掛けるゲーム作家・ライター・デジタルハリウッド大学教授の米光一成さんです。

 同じく米光一成さん監修のカードゲームはこちら。


想像と言葉NEW


レディーファースト (LadyFirst)

にほんブログ村 テレビブログ テレビ番組へ
にほんブログ村

-テレビで紹介
-

執筆者:

管理人:ヨッシー
30代前半、夫と35年ローンで購入したマンションは繰り上げ返済にて10年で完済。
手伝っていた夫の会社も軌道に乗って、これから専業主婦にと40代で高齢出産。その直後にまさかの夫の会社が倒産。
負債額1000万円。夫から「生活費はしばらく渡せない」と言われて、新生児をかかえて右往左往。就職もパートも見つからず、子供の預け先もなく、消去法で残った手段はネットで稼ぐこと。苦節10年、最終的に負債総額を超える利益を上げ、ようやくどん底から復活。今の夢は新しいマンションの購入。