テレビで紹介

【ビビット】ピカ子の戸越銀座で5歳若返りメイク使用アイテム

投稿日:2019年6月20日 更新日:

 2019年6月20日のTBS系で放送の番組「ビビット」で紹介の「ピカ子の5歳若返りメイク」に関する情報です。



 メイクアップアーティストのピカ子こと本田ヒカルさんが、戸越銀座商店街で「5歳若返りメイク」を実施しました。

 メイクに使用されていた化粧品を、わかる範囲でリサーチしました。

1人目クリーニング帰りの35歳の女性

 一人目の女性には、顔に立体感とハリを出すピンク色のハイライトと、アゴのラインに影をつくる「シェーダー」を使用。

 ハイライトはMAC(マック) の「エクストラ ディメンション スキンフィニッシュ」のピンクとゴールド系カラー「ビーミング ブラッシュ」と思われます。


MAC(マック) エクストラ ディメンション スキンフィニッシュ (ビーミング ブラッシュ)

 影をつくったシェーダーは、ピカ子さんプロデュースのコスメブランド「ラ・メイキャ」の「小顔シェーダー」だと思うのですが、こちらは現在単品販売がなく、通販専門チャンネルの「QVC」で、クッショファンデーションとセットになった「ラ・メイキャ美素肌小顔セットicon」として販売されています。
iconicon

2人目クリーニング帰りの41歳の女性

 「ファンデーションの、自分に合う色がわからない」という二人目の女性にピカ子さんが使ったのはボビイブラウンのクッショファンデーションと、顔全体の血色を良くするチークでした。

 クッショファンデーションは、ピカ子さんのメイクに何度も登場しているボビイブラウンのクッションコンパクト。


ボビイブラウン スキン ファンデーション クッション コンパクト SPF 50 (PA+++) 6色展開 -BOBBI BROWN- ライト

 血色を良くするために塗ったチークは、2009年にコーセーから誕生したニューヨークをベースに活躍しているメイクアップアーティストのAYAKOプロデュースのオリジナルブランド「アディクション」の「ザ ブラッシュ」。

 かなり濃い目のピンクだったので、色番は「015」あたりだと思われます。


ADDICTION(アディクション) アディクション ザ ブラッシュ (015 Amazing)

3人目の眉メイク

 「眉毛、どうしちゃったの?」とピカ子さんが言っていた、3人目の女性には「黒いアイブロウペンシル」を使用。

 髪色に合わせた茶色い眉メイクは、10年前のセンス、ということでした。

 こちらのアイテムは、ブランド不明でした。

4人目の子供服のお店の方

 4人目の「シミとほうれい線が気になる」という子供服のお店の女性にピカ子さんが使用したのは、シミをかくせるスティックタイプのファンデーションと、肌色のアイシャドウでした。

 スティックファンデは、これも何度もピカ子さんのメイクに登場するボビイブラウンのスティックファンデーション。

 カバー力があるので、コンシーラーとしても使えるアイテムです。


ボビイ ブラウン BOBBI BROWN ファンデーション スティック 01

 上まぶたのハリ感を出し、くすみを消してくれるパールの入った肌色のアイシャドウはMACのダズルシャドウではないかと思われます。


マック ダズルシャドウ オーソーギルティ -M・A・C MAC-【並行輸入品】

5人目の電気店の女性

 5人目の電気店の60代の女性に使用したのは、骨格をコントロールするシェーダーとハイライトでした。

 シェーダーはメイクアップフォーエバーのハイライト、シェーディング、チークがセットになったパレット「プロスカルプティングパレット」の左から2色目のみ使用。


メイクアップフォーエバー プロスカルプティングパレット 4 in 1 フェイス コントゥリング パレット 40 Tan

 ハイライトは一人目の方と同じMACのパウダーと思われますが、ハイライトを塗っていたメイクブラシもポイントです。


artis(アーティス) メイクアップブラシ エリート オーバル7

 以上、分かる範囲でリサーチしました。

▼過去の一覧はこちら

■ 「ピカ子」これまでにテレビで紹介されたメイクの一覧

-テレビで紹介
-,

執筆者:

管理人:ヨッシー
30代前半、夫と35年ローンで購入したマンションは繰り上げ返済にて10年で完済。
手伝っていた夫の会社も軌道に乗って、これから専業主婦にと40代で高齢出産。その直後にまさかの夫の会社が倒産。
負債額1000万円。夫から「生活費はしばらく渡せない」と言われて、新生児をかかえて右往左往。就職もパートも見つからず、子供の預け先もなく、消去法で残った手段はネットで稼ぐこと。苦節10年、最終的に負債総額を超える利益を上げ、ようやくどん底から復活。今の夢は新しいマンションの購入。