テレビで紹介

【波瀾爆笑】DAIGO(ダイゴ)のFENDIアナグラム長財布

投稿日:2019年9月1日 更新日:

 2019年9月1日日本テレビ系で放送の番組「誰だって波瀾爆笑」で紹介の「DAIGOさんのフェンディの財布」に関する情報です。



 ゲストはミュージシャンのDAIGOさんでした。

 元総理大臣の竹下登氏を祖父に持ち、奥様は女優の北川景子さん。

 そんなDAIGOさんが愛用の長財布は、奇妙な落書きのようなものがあるお財布でした。

FENDIのニコ・ヴァシェラーリ

 DAIGOさんが紹介していた黒い長財布は、FENDI(フェンディ)の2019年春夏メンズコレクションで、ブランド名を「FIEND」の綴りに書き換えたデザインのものでした。


 FENDIの2019年春夏コレクションは、ダークサイドとデュアリズム(=二面性)がキーワードでした。

 クリエイティブディレクターのシルヴィア・フェンディ(Silvia Venturini Fendi)は、ローマを拠点に活動するニコ・ヴァシェラーリ(Nico Vascellari)をゲストアーティストに迎え、「FENDI」を「FIEND(=悪魔)」に、「ROMA」を「AMOR(=愛)」に書き換えたアナグラムを発表しました。







 ニコ・ヴァシェラーリのシリーズは大人気のためたちまち売り切れ。

 DAIGOさん紹介の長財布も入手困難です。

 「ROMA→AMOR」バージョンは一部在庫あり。

▼GACKT(ガクト)さんおすすめグルメはこちら

■ GACKT絶賛の小籠包

-テレビで紹介
-

執筆者:

管理人:ヨッシー
30代前半、夫と35年ローンで購入したマンションは繰り上げ返済にて10年で完済。
手伝っていた夫の会社も軌道に乗って、これから専業主婦にと40代で高齢出産。その直後にまさかの夫の会社が倒産。
負債額1000万円。夫から「生活費はしばらく渡せない」と言われて、新生児をかかえて右往左往。就職もパートも見つからず、子供の預け先もなく、消去法で残った手段はネットで稼ぐこと。苦節10年、最終的に負債総額を超える利益を上げ、ようやくどん底から復活。今の夢は新しいマンションの購入。