シニアニュース

【今日のシニアニュース】2019年12月3日火曜日版

投稿日:2019年12月3日 更新日:

 2019年12月3日火曜日のシニア関連のニュースのまとめです。

■過去のシニアニュース 一覧はこちら 



 ミドル世代、シニア世代関連のニュースの「抜粋」を掲載しています。

 くわしいニュースの内容は、青い文字のタイトルをクリックするとニュースサイトに移動します。

注意喚起

 家族写真で満タンのハードディスク(HDD)が故障して、ネットで検索して復旧業者に持ち込んだら、狭い部屋に入れられて「早くしないとどんどんデータ復旧が難しくなる」と圧迫面談されるわ、どえらい価格が提示されるわ、値切ったらいきなり半値になるわ。国民生活センターにもたくさん苦情が寄せられるという状況。
■ぼったくりデータ復旧業者の手口(日経ビジネス) 

 高齢男性からキャッシュカード3枚を盗んだとして、神奈川県警特殊詐欺対策室は2日、窃盗の疑いで、元同県警巡査で無職、蕪木紀哉(かぶらき・かずや)被告(24)=別の窃盗罪で起訴=を再逮捕した。容疑を認めている。
 再逮捕容疑は9月28日、氏名不詳者らと共謀のうえ、同県横須賀市に住む70代の無職男性宅を訪れ、キャッシュカード3枚をだまし取ったとしている。
■元神奈川県警巡査 別の特殊詐欺にも関与の疑いで再逮捕(産経新聞) 

  うその電話をかけて高齢者から現金をだまし取ろうとしたとして、大阪府警捜査2課は3日、詐欺未遂の疑いで、兵庫県尼崎市、配送アルバイト田口翔大容疑者(26)ら男2人を逮捕した。人目を避けるために山間部に駐車した乗用車を拠点に、電話をかけていたとみている。
■山中の車拠点に詐欺電話か(共同通信社) 

 70代の女性に息子のふりをしてウソの電話をかけ、現金を騙し取ったとして特殊詐欺グループのリーダー格の男ら2人が逮捕されました。
 容疑者らは今年5月、大阪府豊中市の70代の女性に息子のふりをして電話をかけ、「友達の会社のお金で株をやって失敗した」などとウソを言って現金250万円を騙し取った疑いが持たれています。
■70代女性に電話し現金250万円騙し取ったか…特殊詐欺グループ“リーダー格”逮捕(ヤフーニュース) 

シニアニュース

国内

 奈良県桜井市内の用水路に転落した高齢男性を救助したとして、県警桜井署は3日、市立桜井小5年の栗山真槻(まさき)さん(11)と森田空さん(11)に感謝状を贈った。
■用水路に転落した89歳男性を救助 小学生2人を表彰(エキサイトニュース) 

 世界最大の屋内型ミニチュア・テーマパーク「スモールワールズ トウキョウ(SMALL WORLDS TOKYO)」が、2020年4月25日(土)、東京・有明にオープンする。
 「スモールワールズ トウキョウ」最大の魅力は、来場者がいつの間にか夢中で見入ってしまう“圧倒的な没入感”。日本を代表するクリエイターの金子辰也や河森正治に加え、国産メーカー出身の実績あるエンジニアらが参加することで、日本ならではの精巧な技術と先端テクノロジーが融合した“動くミニチュア世界”を実現した。
■世界最大屋内型ミニチュアテーマパーク「スモールワールズ」東京・有明に(ファッションプレス) 

  2020年度税制改正で焦点となっている未婚のひとり親に向けた税制上の支援策について、自民、公明両党が5日にも合意する見通しになったことが3日、分かった。シングルマザーらを対象に、所得税や住民税を軽減する新制度を創設。配偶者と離婚・死別したひとり親向けの「寡婦(寡夫)控除」と同等の制度とし、婚姻歴の有無による待遇差を減らす。
■未婚のひとり親支援で自公合意へ(共同通信社) 

 安倍晋三首相は2日の参院本会議で、「桜を見る会」を巡り、預託商法などが問題視され経営破綻した「ジャパンライフ」の元会長を首相推薦枠で招待したとの疑惑に関し「個人的な関係は一切ない」と否定した。
  首相は元会長に関し「過去に私が招待された多人数の会合などで同席していた可能性までは否定しないが、一対一のような形で会ったことはない」と述べ、昭恵夫人も面識はないと強調した。
■桜見る会ジャパンライフ招待疑惑(共同通信社) 

 「中曽根康弘元首相、101歳大往生」を新聞はどう伝えたか。翌日(11月30日)の各紙を読んでみた。
 訃報を伝える紙面でよく出ていた言葉が「戦後政治の総決算」。各紙読んで気づいたのは安倍政権との比較が多かったこと。そんななか私が注目したのはこちら。中曽根氏を偲びつつ「今」を語っていたのが石破茂氏である。
■中曽根康弘101歳大往生 安倍晋三と似て非なる首相像を知るための“3つのポイント”(文春オンライン) 

 倒壊などのリスクがあるいわゆる「危険な空き家」の撤去に、昨年度、全国の自治体が投じた費用は合わせて3億8000万円あまりにのぼり、3年間で17倍と急増していることがわかりました。
 空き家問題に詳しい東洋大学の野澤千絵教授は、「危険な空き家は、今後も増え続けるとみられ、コストの増加が自治体の財政を圧迫するおそれがある。住宅は個人の財産であり、所有者による解体を後押しする仕組みが必要だ」と指摘しています。
■「危険な空き家」自治体の撤去費用 3年間で17倍に(NHKニュース) 

 12月3日午前5時5分ごろ、北海道函館市湯川町3丁目の2階建て住宅で、「2階から出火している」と近くの住民から110番通報があった。
■住宅火災で住人2人と連絡取れず、1人の遺体発見 函館(ライブドアニュース) 

国際

 [2日 ロイター] – 転倒による出血で高まった脳内の圧力を軽減する手術で米ジョージア州の病院に入院していたカーター元米大統領(95)が、先月27日に一度退院した後、尿路感染症治療のため州内の別の病院に再入院した。
■カーター元米大統領、退院直後に再入院(インフォシークニュース) 

 【テヘラン共同】国際人権団体アムネスティ・インターナショナルは2日、イラン各地で起きた反政府デモで、治安部隊の実力行使などによる死者が少なくとも208人になったと発表した。
 ■イラン反政府デモ死者2百人超か(共同通信社) 

経済

 我慢がつきまとう「節約」を長続きさせるのは難しい。貯金上手な人はどこが違うのか。ファイナンシャルプランナーの山崎俊輔氏は「買い物頻度の高いパンやビール、コーヒーなどは安値を追究し、買い物頻度の低い醤油やバター、マヨネーズなどは高級品を買ってメリハリをつけるといい」とアドバイスする――。
■貯金上手な人がバターと醤油は高級品を買う訳(ライブドアニュース) 

 高級ツナ缶専門店の「モンマルシェ」は、贅沢ツナ缶ブランド「オーシャンプリンセス」より、1缶5,000円の『ブラックレーベル鮪とろ』限定200缶を、本店(静岡市清水区)、パルシェ店(静岡市葵区)、日本橋三越本店、およびブランド通販サイトにて、2019年12月15日に発売します。
■出すたび完売!1缶5,000円のツナ缶『ブラックレーベル鮪とろ』待望の再販は200缶限定で12/15より!(インフォシークニュース) 

 老後資金のやりくりは、予想どおりにはいかないもの。本人もしくは配偶者が定年を迎えたシニア読者に、「わが身を襲ったお金に関する想定外」を尋ねたところ、5つのリスクが明らかになった。その全対策を名うてのFP・中嶋よしふみ氏が提案する。
■退職金は20年間で30%以上も激減(msnニュース) 

健康・医療

 高齢者が骨折すると、動かなくなって筋力が衰えて、骨折が治っても寝たきりになってしまうケースがよくある。
 「性格の違う母娘の介護生活は大変」という話を取材などで聞いたことがありましたが、ついこの間まで自立していた母さんの介護に、これほど手こずるとは。母娘の関係をこれ以上悪化させないためにも、「介護のプロの手を借りよう!」と、父さんを担当してくれていたケアマネジャーに相談して、母さんに訪問ヘルパーをお願いすることにしました。
■「やって!!」認知症の母と毎日喧嘩……の末に起きてしまった“介護あるある”とは(文春オンライン) 

 今回は、女性だけでなく・・・・・・、いや、むしろ男性の関心が高い「抜け毛」がテーマです。抜け毛を完璧に防ぐ方法はまだありませんが、現時点でできる医療的な対処を中心にご説明しようと思います。
■飲み薬で、本当に男性型脱毛は止まるのか?(文春オンライン) 

 脳は無意識のうちに高度で複雑な処理を行っていますが、年齢とともに機能が低下することは珍しくありません。そこで「脳トレ」(認知症予防医・ひろかわクリニック院長の広川慶裕先生監修)をやってみましょう。短い時間で脳の元気のお手伝いをします。
■週刊脳トレ|脳の機能“ワーキングメモリー”を強化する「隠し四字熟語」(介護ポストセブン) 

 健康の要は免疫力。それを底上げするのは野菜や果物に含まれる「ファイトケミカル」という機能性成分です。野菜の栄養を最大限に引き出してくれるスープのパワーとは? 医師の高橋弘さんに聞きました。
■医師直伝!病気知らずの体をつくる「いのちの野菜スープ」(婦人公論.JP) 

スポーツ

 自由契約選手として公示され、来季の12球団トライアウトを受験する新庄氏阪神、日本ハム、メッツ、ジャイアンツで活躍した新庄剛志氏は来年の「12球団トライアウト」を受けることを発表し現役復帰を目指すことを表明している。
■現役復帰目指す新庄氏、仰天表明も米記者は“納得”「いつもドラマチックな演出を…」(ライブドアニュース) 

 「こうなったら、張り手、かち上げを規則で禁じ手にするしかないんじゃないか」
 好角家のタレントや文化人の間からはとうとうそんな声も上がり始めた。今年最後の本場所、九州場所で43回目の優勝を果たした大横綱・白鵬の立ち合いについて、「あまりにも乱暴」「また悪い癖が出た」「しかも以前よりひどい」と非難が集中しているのだ。
■白鵬の張り手、かち上げは禁じ手にできるか(ブロゴス) 

 大相撲の横綱白鵬関が13日に、沖縄県那覇市の首里城公園内での土俵入りを計画していることが分かった。同県うるま市で14、15の両日に行われる冬巡業に伴う来県で、関係者によると、白鵬関本人が土俵入りを希望し提案したという。
■白鵬が土俵入りへ 首里城復興願い(沖縄タイムス) 

 今季最下位に低迷したヤクルトの編成部門を統括するゼネラルマネジャー(GM)に、小川淳司前監督(62)が就任することが2日、分かった。
■小川前監督、ヤクルト初ポストのGMに!チーム再建へ高津新監督支える(マイクロソフトニュース) 

 野球界の発展に大きな功績を残した人をたたえる野球殿堂入りの新たな候補者に、日本代表の監督で現役時代に通算2167安打をマークした稲葉篤紀氏などが新たに加わりました。
 来年の野球殿堂入りの発表は来月14日に行われます。
■野球殿堂 稲葉篤紀氏など新たな候補に 発表は来月14日(NHKニュース) 

エンタメ

 勝新太郎の長男で女優の中村玉緒(80)を母にもつ俳優の鴈龍(がん・りゅう)さんが、11月1日、急性心不全で急死していたことが「週刊文春」の取材で分かった。享年55。
■勝新太郎、中村玉緒の長男・鴈龍さんが55歳で急死していた(文春オンライン) 

 11月8日に軽い脳梗塞を発症した歌手で俳優、加山雄三(82)が、同25日に行われたフジテレビ系「2019 FNS歌謡祭」の第2夜(11日放送、後7・0)の収録で仕事復帰したことが2日、分かった。
 「ダメになるかもしれないと思った。脳梗塞の跡があり、血液をサラサラにする点滴で治療したんだけど、急所(患部)が8ミリ上にずれていたら、半身不随だったかも」と初告白した。
■病魔乗り越え復活!加山雄三が衝撃告白、患部が「8ミリずれていたら半身不随」(ライブドアニュース) 

 85歳までは車であちこち出かけていたダイアモンド・ユカイさんの母。説得を始めてから免許返納に至るまで5年かかったという、ロックンローラー親子のバトルはいかに。
■ダイアモンド・ユカイ「免許返納に納得しないおふくろ。オレがとった最終手段は」(婦人公論.JP) 

 フリーアナウンサーの高橋真麻(38)が3日、日本テレビ系『スッキリ』(月~金前8:00)に出演し第1子妊娠を生報告した。来年5月ごろの出産を予定しているという。
■高橋真麻、第1子妊娠を生報告 来年5月ごろ出産へ(ライブドアニュース) 

 デビュー35周年イヤーを迎えた歌手で女優の中山美穂のニューアルバム『Neuf Neuf』が12月4日に発売される。オリジナル曲収録作品としては、1999年9月リリースの「Adore」以来約20年ぶり。
■中山美穂、20年ぶり音楽活動再開(エキサイトニュース) 

 ボクシングの世界チャンピオンから俳優に転身し、大ヒットドラマ「おしん」(NHK)や「北の国から」(フジテレビ)などで活躍したガッツ石松さん(70)。
 最近はテレビで見る機会が減ったのではないか。ガッツさん、いったい何があったのか。ガッツさんに直撃した。
■最近TVであまり見なくなったガッツ石松さんに「どうしていますか?」と直撃してみた(ヤフーニュース) 

PR

関東の老人ホーム選びなら【ライフケア相談窓口】

まるで無重力の快眠マットレス、オクタスプリング

夜間尿、残尿感、尿漏れに効く

【プールス】除菌タオルディスペンサー

ひらめくサプリ「プラズマローゲン18000クリルオイルプラス」

おすすめの記事
■実録ジャパンライフ 私の体験談 その1 はこちら 

-シニアニュース
-

執筆者:

管理人:ヨッシー
30代前半、夫と35年ローンで購入したマンションは繰り上げ返済にて10年で完済。
手伝っていた夫の会社も軌道に乗って、これから専業主婦にと40代で高齢出産。その直後にまさかの夫の会社が倒産。
負債額1000万円。夫から「生活費はしばらく渡せない」と言われて、新生児をかかえて右往左往。就職もパートも見つからず、子供の預け先もなく、消去法で残った手段はネットで稼ぐこと。苦節10年、最終的に負債総額を超える利益を上げ、ようやくどん底から復活。今の夢は新しいマンションの購入。