テレビで紹介

天神祭のハモニカという菓子はどんなお菓子

2017/06/02

  ■ 大阪天神祭のハモニカとは?

 NHK連続テレビ小説「ごちそうさん」の関連情報です。

 第10週のタイトルは「祭りのハーモニー」。

 このなかにお静さんが「ハモニカ」という食べ物を食べたがるというストーリーが出てきます。
 ドラマガイドのあらすじには「天神祭の夜店で一時期売られていたお菓子のことで、白くて甘酸っぱくて、湯引きしたハモの形に見立ててあるもの」と書いてあります。

 調べたところ、この「紫野和久傳」さんの「牡丹はも 水ようかん」→
 が「ハモニカ」らしい・・・・・。

 「祇園祭に合わせて京都限定で発売」とこちらのブログ→「紫野和久傅・季節の生菓子<牡丹はも 水ようかん>京都限定 」に記事がありました。

 「ごちそうさん」とは無関係に、以前から京都で売られていた和菓子のようです。

 どうやら、この水ようかんのように「寒天で鱧(はも)に似せて作った菓子」のことを「ハモニカ」というみたい。漢字で書くと「鱧似菓」でしょうか?
 鱧に似せたというより「鱧の湯引き」に似せたお菓子ですね。
 鱧を湯引きすると、花が咲いたように広がる。その様子が牡丹の花に似ているので、「牡丹ハモ」と呼ぶそうですが、上記の和菓子はその「牡丹ハモ」に似せて作った水ようかんです。

 しかし、この「牡丹はも 水ようかん」以外に全く情報がない。
 どんなキーワードで検索しても、「牡丹はも 水ようかん」にたどり着きます。
 ドラマの中で言っている「天神祭の夜店で一時期売られていた」というのは、事実なのかどうなのかは謎ですね・・・・・。

 まあ、「牡丹はも 水ようかん」だけでも、見つかってよかったということか・・・。

 

ランキングに参加しています!応援のクリックをよろしくお願いします
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 テレビブログ テレビドラマへ

 


-テレビで紹介
-, ,