マザーズバッグに絶対おすすめのコアルーバッグの口コミ




コアルーバッグ

 
 コアルーバッグ、届いたあ~~!!!わくわく。

 確か先週のこと、通販専門チャンネルのQVCを観ていたら、びっくりするようなバッグが紹介されていました。

 なんと一つでリュックからショルダーからメッセンジャーから前抱えまでと何通りにも変化するバッグです。

 放送を観たとたんに、すごい発明品だと思って、私は衝撃を受けました。

 何が一番すごいって、リュックからショルダー、ショルダーからリュックにわずか3秒で変更できる点です。これはひょっとしたら数年後には、世界中のバッグメーカーがこの「コアルーバッグ」のシステムを採用するのではないでしょうか。開発者のアイデアは天才的です。

 バッグはぼーっと観ている間に、たちまち売り切れ(ソールドアウト)になってしまいました。

コアルーベルト

 あわててあちこち探したら、結構楽天、アマゾン、ヤフーなど、あちこちでコアルーバッグの関連商品が販売されています。

 特に気になったのがこの「コアルーベルト」。

 なんと太っ腹な商品。これならコアルーバッグ本体を買わなくても、自宅にあるバッグのベルトを付け替えるだけで、安いお値段でコアルーバッグに変身できます。

ニューフィール

 こちらもおすすめ。
 Newfeel(ニューフィール)というバッグ。

 これはすごいです。リュックとして背負ったまま片側の肩ひもを外すとショルダーバッグになり、またショルダーのままひもに手を通して背負えばリュックになる。

くわしくは↓動画で。

 なんて画期的で使いやすそうなバッグなんだ・・・・と思ったものの、どうにもデザインがビジネスバッグみたいで好きになれない。

 そこで次に見つけたのがこのマザーズリュック。
 これはデザインも可愛いし、背負ったまま荷物も取り出せるし、すごく考えられて作られていると思いました。
 H型リュックなので、ショルダーになる点もいいと思います。
 ただ若干容量が少なそうに見えるのと、税込 8,900 円というお値段。
 使い勝手の良さを考えたら、材質やサイズを差し引いいてもこのお値段で買うしかないのかなあ・・・と思いつつ迷う日々。

 そこへ彗星のごとく登場した「コアルーバッグ」。
 お値段も手頃だし、リュックからショルダーに変更でき、さらには前抱えにもなるという特許がもう感動的だし、買うしかない!!
 悩んだものの、気になって気になってしょうがないので、思い切って買いました。

 ビックボーダーという一番容量が大きいタイプ(16L)ですがリュックにしたら全く重さを感じません。
 背負ったまま簡単な荷物(財布やタオル)なら取り出せますし、取り出しづらい時もリュックから斜めがけに3秒で変身するので、超、超、便利です。感動です。
 フタやファスナーのないポケットが外側だけで4ヶ所もあり、ファスナーポケットも1ヶ所あります。
 内側にもさらに大きなポケットが一つ、ペットボトルサイズのポケットが両脇に2つ、さらに携帯電話サイズと定期入れサイズのポケットがそれぞれ1つ。中身がごちゃごちゃにならなくて、使いやすいです。

 「なんでもっと早く巡り合わなかったのか」と悲しくてしかたありません。
 これから出産される方、使いやすいマザーズバッグを探している方には絶対おすすめです。
 出産のお祝いにもピッタリだと思います。

 開発者の池成姫さんの「開発秘話」がこちらに掲載されています→coarooバッグを生み出したチカラ!

 わたしもリュックに100円のポーチ縫い付けたりして、小さな努力はしてたんだけどねえ・・・・。開発者の方のような閃きや実行力はなかったわあ。
 ひらめいてすぐミシンで試作し、特許を申請するあたり、すごい行動力だと思います。
 もっと、もっと、コアルーバッグがメジャーになって、大ブレイクするといいのに。
 本当にすごい発明品だと思います。

 マザーズバッグだけでなく、男性向けのデザインもあります。

ベルメゾンにも登場

 追記です。

 通販大手のベルメゾンでも、オリジナルのデザインでコアルーバッグが発売されました。ただしベルメゾンのサイトには「コアルーバッグ」というネーミングは使われたいません。

 コアルーバッグの公式フェイスブックでも「コアルーベルトを採用したママバッグを展開させていただいております。」と書いてあるので、間違いないです。
 どうやら「コアルーバッグ」というネーミングでは、便利さが伝わりにくいため、「5WAYマザーズバッグ(マミィラク)」という名称にしたらしいですよ(詳細→コアルーバッグ公式フェイスブック)。

にほんブログ村 テレビブログへ