男装女子モデルのカリスマAKIRAさんて誰?ダウンタウンDXより




男装女子モデルのカリスマAKIRA(アキラ)

 2014年1月23日放送の日本テレビ「ダウンタウンDX」の情報です。

 ゲストの男装女子モデルのカリスマ、アキラ(AKIRA)さんて誰?と思った方は多いはず。
 

 スポンサードリンク

 AKIRAさんは2008年からファッション誌『KERA!』のモデルとして活動されている方で、バンドDISCODE(ディスアコード)のヴォーカルとしても活動中。

元アイドル?

 AKIRA(アキラ)という名称で活動されているタレントさんは他にも多数いらっしゃいますね。
 一番有名なのはEXILEのAKIRAさんでしょうか。

 今回のAKIRAさんを含めた、「AKIRAさんのプロフィール」はこちら→AKIRA

 AKIRAさんのまとめ→イケメン男装女子 DISACODEのAKIRA(アキラ) イケメンすぎる画像まとめ
 ご本人は「須王秋羅が本名」と以前発言されていたそうですが、どうやらこちらのブログ(好きなモデル×AKIRA)によると「昔は依知川絵美(いちかわえみ)っていう名前で美少女クラブ21と名乗るアイドルグループのリーダーだった」そうです。Wikipediaもありましたが、AKIRAのことは一切書かれていないですね。生年月日は一緒です。
 >>>依知川絵美Wikipedia
 上記のブログによるとモデルと言っても「読者モデル」だと書いてあります。

 依知川絵美さんの画像は→依知川絵美Google画像検索結果

 ある方のブログによると、2006年ころにはテレビ番組の企画で東京大学を受験するドキュメントに出演されていたそうです→今テレビを見ていたら、美少女クラブ31の依知川絵美が東大受験(文Ⅲ)をしているドキュメントをやっていた。
 東大には結局受からなかったけど、某有名私立女子大に合格したというウワサ・・・・・。大学名は不明です。

動画あった↓冒頭の水着かなりグラマー。声は太いけど、あとは普通に女の子だよ

 さらに動画を探したら、NHKの「しゃべり場」に出ていた頃の動画を発見。14歳だって。この頃は完全な女の子だよね。事務所も何とかしてタレント活動をさせたかったのか?それともご本人が、とにかく何とかして売れたいのか・・・・・。

 依知川絵美さんの時代は「オスカープロモーション所属」だったようです。そこを辞めてから男装女子に路線変更したのかしら・・・・。ぶっちゃけ、10代にアイドルとして色々やったけどブレイクしなくて、あの手この手で男装女子に行き着いたという感じもします。

 男装女子といっても、同姓愛てことではないらしく、彼氏は募集中みたいだしね・・・・。いつもノーブラにトランクスで、ブラジャーは1着しか持っていないとダウンタウンDXではお話されていましたが、依知川絵美さん時代を見ると普通の女子ですよね。これはすなわち「ビジネス男装」てこと?

 マツコ・デラックスやミッツ・マングローブさんなど女装の方は「ビジネスか、リアルに男が好きか」に結構ウルサイみたいですね。
 女装やゲイの世界に比べたら、女子の男装の世界はそのへんゆるそう。まあ女装の人にも、表の顔は男で、普通に結婚して妻子もいるという方もいらっしゃいますけどね。

こちらの動画は女性っぽいです。

男装女子雑学

 男装女子はどうやらじわじわ来てるみたいで「Garcon girls(ギャルソンガールズ)」という専門誌まで発売されています。

 になみに表紙は剛力彩芽さん。

 剛力彩芽さんといえば、水嶋ヒロさんの復帰作として話題になっている映画「黒執事」でも男装女子として出演されているようですね。

 好きな人に会いたい一心で、男装して男子校へ入学する「花ざかりの君たちへ」が日本でテレビドラマ化された2007年ころからでしょうか・・・・男装女子がじわじわ来だしたのは。

 しかし1975年から連載が始まった池田理代子の「オルフェウスの窓」ですでに「女子が男装して男子校へ入学する」ストーリーはありました。読んでないけど(「ベルばら」は愛蔵品よ)まあ、おそらく「花ざかりの君たちへ」との共通点が多いんじゃないでしょうか。

 これらの原点はポーランド生まれのアメリカのノーベル賞作家アイザック・バシェヴィス・シンガーの小説「イエントル」にあるのではないかと私は勝手に推理してます。

 これは後にバーブラ・ストライサンド主演で「愛のイエントル」として映画化されました。

 ユダヤ教を学ぶ女性の話なのですが、女性がまだタルムードを学ぶことが許されていない時代、ポーランドに暮らすユダヤ人女性イエントルは、タルムードを学びたいがために男装をしてタルムード学習のための施設に入学します。

 私は映画を観たわけではないけど、アクターズ・スタジオ・インタビューというアメリカのトーク番組(日本で言えば「徹子の部屋」みたいな番組)にバーブラ・ストライサンドが出た時、一瞬「愛のイエントル」が紹介されて、すごく観たい!!と思ったものの、近所のTSUTAYAにはありませんでした。どうやら中古のビデオとかでしか流通していないみたい。なんかアクターズ・スタジオ・インタビューで紹介されたシーンが印象的で、すごく記憶に残っています。

 芸能業界唯一無二の”男装ユニット”「風男塾(ふだんじゅく)」なんていうグループも・・・。

 昔から「宝塚歌劇団」という男装女子の頂点みたいな世界が愛されている日本だから、いまさら男装女子に騒ぐこともないと思いつつ、ちょっと首を突っ込んだら、迷路みたいにさまよい込んで出て来られなくなりそうな男装女子の世界。

 BLはあまり好きじゃないけど、ヅカは結構好きな私・・・・。「男装女子」のキーワードだけで、ここまで語る私は間違いなく「男装女子」が好き。そうよ、私は25年前にテレビ放送を録画した、宝塚歌劇団「ベルサイユのばら・フェルゼン編」の真矢みき演じるオスカルが大好きで、いまだに時々観てるのよ!自分でVHSからDVDへデジタル・リマスターまでしたんだから!(笑)。

ランキングに参加しています!応援のクリックをよろしくお願いします
↓ ↓ ↓

にほんブログ村 テレビブログへ