とくダネ!で紹介 届くまで8年待ちの極みコロッケの通販




 ※「8年待ちコロッケ」は最終的に「13年待ち」となり、販売は終了しました。くわしくはこちら→→→13年待ちコロッケはすでに販売終了だった!

8年待ちのコロッケ

 2014年1月30日の「とくダネ!」の情報です。

 新企画華麗なるテマヒマで「8年待ちの幻のコロッケ」として紹介されたのは「神戸牛・旭屋(あさひや)」の「極みコロッケ」でした。

 「極みコロッケ」は8年待ちですが、同じ旭屋さんが通販している『神戸牛プレミアコロッケ』なら1週間待ちで味わえます!

 違いは極みコロッケが「レッドアンデス」というじゃがいものみを使用しているのに対し、プレミアムコロッケはレッドアンデスと「ゴールデン男爵」の2つを使用(配合の比率は不明)。

 さらにお肉は、極みコロッケがA5ランクの神戸牛を使用しているのに対し、プレミアムコロッケは「旭屋特選神戸牛」である点。



 A5ランクというのは、お肉(枝肉)の格付けの中では最高のランクです(参考サイト枝肉の格付けは歩留等級と肉質等級で表示が決まります)。
 「特選神戸牛」というのは、どのランクのお肉かは不明ですね・・・・。しかし、「旭屋の目利き、店主が牧場から1頭丸ごと買い付ける」と書いてあるので、決して安いお肉ではないと思います。

 最高級のお肉を使っているだけに「極みコロッケ」は大量生産が難しいようで、8年待ちとなっているようです。

 そんなに待てない!という方は、プレミアムコロッケで我慢するしかない(笑)。

 余談ですが、「とくダネ!」のこの企画、わたしのNAVERまとめを参考にしたんじゃないだろうなあ・・・・・て思いました。

 私の「まとめ」はこちら。コロッケやパン以外にも「年待ち」といわれる商品や病院のまとめです→【通販】そんなに待てるのか?「予約○年待ち」の人気商品

A5ランクの神戸牛

 「極みコロッケ」を8年も待てないけど、なんとかA5ランクのお肉のコロッケを味わいたい」という方には、同じ旭屋さんが販売している「最高級神戸牛サーロインステーキ神戸牛サーロインステーキ特撰(200g)」をお取り寄せして、コロッケを自分で作るというのはいかがでしょう。

 ポイントはお肉をミンチにしないで、ゴロゴロとしたさいの目切りにするところです。
 コロッケ以外にも旭屋さん人気のお惣菜、焼き豚や牛丼、ハンバーグもあります→旭屋 手作り惣菜

 さすがに「じゃがいも」は旭屋さんでは扱っていませんね。

 極みコロッケの原材料「レッドアンデス」はこちら。

楽天一番人気のコロッケ

 ちなみに!楽天で一番人気のコロッケは「神戸森谷のコロッケ」。
 こちらも旭屋さんと人気を二分する、神戸の超有名人気店ですね。
 今なら待たずに注文できるかも。

 その他の楽天人気コロッケはこちら→楽天で売れているコロッケ(レビュー件数順)

猫ちぐら

 3年半待ちの猫のおうちは新潟県関川村の「猫ちぐら」でした。

 コシヒカリ(こしひかり)のワラを100%使用した猫のおうち(ゆりかご)です。

 サイトはこちら→関川村の猫ちぐら

 2年待ちのパン屋さんは湯河原のブレッド&サーカスさんです。
 NAVERまとめには他にも「鎌倉の10年待ちのパン屋さん」などあります。

にほんブログ村 テレビブログへ