テレビで紹介

ケンミンショーの激レアな謎の干し芋とは?

2015/10/04

茨城のほしいも

 2014年2月20日の「ケンミンSHOW」の情報です。

 今週のケンミンSHOWも、先週に引き続き「茨城スペシャル第2弾」です。

 その中でも注目すべきは茨城県で全国のシェアの9割以上を生産しているという「干し芋(ほしいも)」。
 茨城の人は干し芋ではなく「乾燥芋(かんそういも)」と言うのだそうです。

 干し芋といえば、創業明治30年の「ほしいも専門店 大丸屋」さんがおなじみ!


ほしいも専門店 大丸屋

丸干しに焼き干し

 干し芋と一言で言っても、その種類は豊富です。
 もっとも一般的なのは、蒸したサツマイモをスライス状にした「切干し(きりぼし)」(別名「平ほし(ひらほし)」)。


玉豊平ほしいも 180g

 食べやすさから、最近人気の「スティック状」にカットした「角切り(かくぎり)」。


角切りほしいも 180g

 そして、希少なため県外に出回らないと言われている、蒸したサツマイモを切らずにそのまま干した「丸干し(まるぼし)」などがあります。

 「激レアな謎の干し芋」とはこの丸ほし芋のことでしょうか・・・・・?

特選玉豊丸ほしいも 400g

原料のサツマイモ

 干し芋の原料となるサツマイモにもいくつか種類があり、最も一般的なのは「玉豊(たまゆたか)」というサツマイモで、その他に「紅あずま」「いずみ」「玉乙女(たまおとめ)」などなど10種類近くあるそうです。

 なかでも新品種の「ほしキラリ」はいま注目のほしいも用のサツマイモだそうです。

 「ほしいも」なんてどれも一緒だと思っていたけど、こんなに種類や品種があるなんて驚きです。
 まだまだあります↓

にほんブログ村 テレビブログへ



-テレビで紹介
-