テレビで紹介

NHK朝ドラ「あまちゃん」第55回の感想

2014/07/19


あらすじ

 アキ(能年玲奈)の「海女カフェ」計画を突きつけられた観光協会。大吉(杉本哲太)や菅原(吹越満)らは、かつ枝(木野花)、弥生(渡辺えり)、美寿々(美保純)ら強烈な海女クラブの面々を相手にするのは勘弁と、担当をヒロシ(小池徹平)に押しつけてしまう。

 ◇今週のあらすじは「あまちゃん」第10週の日別あらすじへ。
 ◇来週のあらすじは「あまちゃん」第11週の日別あらすじへ。

 12週までのあらすじは→NHK連続テレビ小説「あまちゃん」前半のあらすじ(完全ネタバレ) その1

水口さんの正体

 もはやバレバレの正体。

 また松田龍平の芝居が天然なのか、演技力なのか、とぼけててピッタリ。

ババア

 新しいね、朝ドラで「ババア」連呼(笑)。
 そしてお約束のギャグの応酬。しおりさんが一緒になってババアバッシングしてるのが笑える。
 とどめは吉田くんのがマリオのリズムで「んだんだんだ」ってワハハ、爆笑したよ。

 美保純もついには「ババア呼ばわり」される年代になったのね。ある意味、セクシー系からそこまで芸能界に残ってるて、すごいね。

春子ママの誕生日

 正宗パパから贈られたフリースが無意味だったことを、わざわざハガキに書いてくるおじいちゃん(笑)。

 しかし、お母さんの誕生日忘れるって、いくらなんでもユイちゃん!あれ?でも自分の誕生日も忘れてたんだよね、たしか。だったら、親の誕生日なんか当然、わすれてるか。

 そして、あれだけ言い寄っておきながら、誕生日にミサンガがプレゼントって、大吉さん!
「勉さんと大吉さんから」
 て春子ママが言ってたから、何気に、勉さんもまさか春子ママに気がある?
 て言うか勉さんて奥さんとか子供とかいるのだろうか・・・・・。

やっぱりメールで

 そうだよね、メールで連絡とるよね。
 今の「遠距離恋愛」は便利だねえ。

 まあ、私に遠距離恋愛の経験はないけど、やはり地方から出てきた者として、昔と違うなあと改めて思います。昔は基本「手紙」たまに電話。でも電話代も気になるから、長電話はもちろんできないのよね。手紙だって手書きだし、まあセコいけど切手代だってかかるしで、もちろんたまにしか書けない。
 だから、「便りがないのは元気な証拠」とか昔は言ったものだけど、現代ではその格言も時代遅れになってきましたね。

フェロモンばばあ

 弥生さんの車はシャコタン(笑)そして、なぜ駆け落ち?
 弥生さんは男を追って韓国まで行ったとか言ってたよね。逃避行好き?(笑)

 「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」の今日のゲストは美保純さんでした。
 さすがクドカンが「高田文夫さんに憧れて、日芸に入るため上京した」と尊敬するだけあって、「高田文夫のラジオビバリー昼ズ」の「あまちゃん」推しが止まりません。でんでんさんも先日ゲストに出てましたよ。

 美保さんいわく、能年玲奈ちゃんはアニメの登場人物みたいにカワイイそうです。「萌え死にしそう。私オタクサイト見るの好きなんだ」とか、面白い話が沢山ありました。
 機会があったら内容をUPしたいと思います。

 追記
 「美保純 シャコタン」ていうキーワードで何件か検索ががありました。もしかして「シャコタン」て言葉がもう古い?
 
 て・・・よく考えたら私も詳しくはないんだけど、要するに「昔の不良の車」ですよね。車の車高を低くすることを「車高・短(たん)」で「しゃこう・たん」がリエゾンしてシャコタンですよね。ただ、なんで車高を低くするのかは・・・・私も知識がありません。とにかく「族車」とか言われた車は車高が低くて「シャコタン」なんて呼ばれたんです。主に80年~90年代よね(笑)。
 

最後までお読みいただいてありがとうございます
   

にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

-テレビで紹介
-