相棒シーズン12第18話のロケ地 レトロなカフェはどこ?




相棒シーズン12第18話ロケ地

 2014年3月12日に放送された相棒シーズン12 第18話「待ちぼうけ」のロケ地に関する情報です。




 享(成宮寛貴)が何時間もカフェで粘る女性(芳本美代子)と出会ったコーヒーショップは「三菱一号館美術館」にある喫茶店「Cafe1894」でした。

 公式サイトによると「三菱一号館美術館Cafe’1894の場所は、かつて銀行営業室として利用されていた場所」だそうです。
 1894(明治27)年の三菱一号館竣工当時に撮影されたと思われる写真の他、図面、保存部材を元に、復元したそうです。




 食べログはこちら→CAFE1894

 営業時間は11時~23時ですが、金曜日のみ11時~26時で、23時以降はバータイムだそうです。
 カフェとしても素敵だけど、バーってもっと雰囲気があって、良さそう。デートにピッタリですね。だけど23時からのバーを利用したら、終電に間に合わない?お泊り確定?

meeeecaさん(@meeeeca)がシェアした投稿



 最寄り駅は「東京駅」です。

 レンガ造りのレトロな外観から、歴史ある建造物なのかなあ?それにしては見覚えないなあと思いきや、2009年に完成した新しい建物だそうです。

 元々同じ場所に「三菱一号館」と呼ばれる1894年(明治27年)に建てられたレンガ造りの建物があったそうですが、耐震性などの問題から1968年(昭和43年)に一度取り壊され、跡地には地下4階・地上15階建の「三菱商事ビルヂング」が1971年に竣工しました。

 これを三菱地所が、同社が進める「丸の内再構築」の第2ステージ第1弾として再開発し、「三菱商事ビルヂング」を再度取り壊して、「三菱一号館」に似せて再建した煉瓦造の建物が、現在の「三菱一号館」だそうです(三菱一号館Wikipediaより)。

 外観はレトロでも、内部は最新の技術がつまっているようです。

 ただ、同時に取り壊された歴史的建造物「丸ノ内八重洲ビルヂング」などの扱いを巡って、紆余曲折があったようです。

 余談ですが、私はかつて北海道の小樽で「元銀行」というホテルに宿泊した事があります。
 「ホテル ヴィブラント オタル」というホテルです。

 相棒のカフェのシーンを観た時、一瞬この小樽のホテルかな?と思いました。

 ここは本当にレトロな、大正12年に北海道拓殖銀行として造られた建造物です。
 もちろん客室など、一部はリフォームされ新しくなっていますが、アールデコ調のロビーや外観などは当時のまま。
 観光地の小樽運河にも近くて(徒歩1分)、小樽に行くならおすすめのホテルです。
【追記2017年8月】
 ホテルヴィブラントオタルは2017年2月に閉館されたそうです。

 建物は現在、ニトリ小樽芸術村の中で旧三井銀行小樽支店として公開されています。
 銀行→ホテルを経て、今は再び「旧銀行」として内部が公開されているようです。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 テレビブログへ