NHK朝ドラ「あまちゃん」第56回の感想

あらすじ

 海女カフェは、アキ(能年玲奈)の企画であることが決め手となり、銀行が融資を決める。観光協会の海女カフェ担当となったヒロシ(小池徹平)は、わがままな海女たちを相手に四苦八苦。

◇今週のあらすじは「あまちゃん」第10週の日別あらすじへ。
◇来週のあらすじは「あまちゃん」第11週の日別あらすじへ。

12週までのあらすじは→NHK連続テレビ小説「あまちゃん」前半のあらすじ(完全ネタバレ) その1

暴走するババア

 暴走するババア達、振り回されるヒロシ。しかし、暴走するのはババア達ばかりでなくジジイ達も!そう、ジジイってのは大吉さんはじめとした男性陣だよね。
「愛があるから」
 とか言って、ババア連呼。NHKの朝ドラでそこまでやる、やらせるクドカンに男気を見たね(笑)。

 見た目は青二才みたいな宮藤官九郎だけど、時々こういうチキンレースみたいな「一か八かで、使ってみました」的な冒険をするよね。私はそこに「骨太のクドカン」を見る。

ビフォーアフター

 「まさかあそこであの音楽が流れるとはねえ」と後番組のあさイチでも言ってました。

 リフォーム=「ビフォーアフターのBGM」ていう、もうお約束になっているのがすごい。

 それにしても、どう見ても自分たちだけでやったとは思えない内装。それに見慣れないヘルメットの職人さんとか、終わりの方には出てたし。普通に内装も業者に任せてたよね。予算大丈夫?

 しかし、あんなに簡単に新人海女が集まるとは。
 「なんでその子が採用されたの?」て感じの子もいたけど・・・・。

キテるわ、北三陸

 興奮した大吉さんが「キテる、キテるわ北三陸!」て言ってたけど、実際ロケ地の久慈市はキテる!ゴールデンウィーク中も大盛況だったみたいですね。

 本来は夏の運行の「お座敷列車」の運行を、「あまちゃん」の放送に合わせて1ヶ月早めたらしいですよ。(ニュース→三陸鉄道お座敷列車で「あまちゃん」再現

 ニュースの画像を見ると、「お座敷」と言っても掘りごたつみたいになってますね。
 ドラマでやってた「屋形船」みたいな内装のお座敷列車は、どこの列車?
 実際に走ってたから、セットじゃないよね。

↓実際の三陸鉄道・お座敷列車↓

最後までお読みいただいてありがとうございます
   
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ