テレビで紹介

ケンミンショーの沖縄特集で紹介 謎の激うまコンビーフとは?

2017/10/16



沖縄ケンミン超熱愛!謎の激うまコンビーフ

 2014年6月5日の日本テレビのバラエティ番組「秘密のケンミンSHOW」の情報です。

 スポンサードリンク

 前回に続き、今回も「絶好調!丸ごと沖縄スペシャル」と題して、沖縄特集の後編が放送されます。

 その中で「沖縄ケンミン超熱愛!謎の激うまコンビーフ」として紹介される、沖縄で人気のコンビーフは「沖縄ホーメル」のコンビーフハッシュだと思われます。

 コンビーフハッシュは沖縄ではメジャーなコンビーフですが、他県ではほとんど見かけませんね。

オキハムのコンビーフハッシュパウチ 75g×10袋

 「コンビーフ」はわかるとして「ハッシュ」てなんだろうと思って調べたら

 hash
 【名詞】
1 【不可算名詞】 [個々には 【可算名詞】] こま切れ肉料理,「ハヤシ肉」料理
2 【可算名詞】 焼き[作り]直し 〔of〕
3 [a hash] 寄せ集め,ごたまぜ
  (英和辞典 Weblio辞書より引用)

 という意味があるそうで、「お肉の混ぜ料理」のような意味です。
 そう、一般的なコンビーフと「コンビーフハッシュ」との大きな違いは、「ポテト」です。
 沖縄ホーメルの公式サイトによると「牛肉とポテトを半々にブレンドした商品」だそうです。

 アメリカではこのポテト入りコンビーフ、一般的だそうで、「コンビーフハッシュ」というのは本来「コンビーフとじゃがいもの炒めもの」みたいな、料理名だそうです。
 ちなみに、普通のコンビーフで「コンビーフハッシュ」を作るレシピはこちら→コンビーフハッシュ レシピ

 おそらく、味もさることながらコンビーフハッシュが人気の一番の理由は「安さ」ではないでしょうか?
 一例として75g×12パックで1,990円(Amazonの価格)。
 75g×12=900gなので1,990÷9は約221円。つまりコンビーフハッシュは100gあたりのお値段が221円くらいになります。

 一方、他県でメジャーな「ノザキのコンビーフ」は100g×4個で1,256円。
 1,256÷4で100gあたりのお値段が314円。
 314-221=93円で、コンビーフハッシュの方がgあたり93円も安い。
 これはもちろんじゃがいもが混ざっているからですよね。もっと全国的に発売しても、人気が出ると思います。関東でも売って欲しい!

 ↓こちらは関東でお馴染みのノザキのコンビーフ。

ノザキブランド コンビーフ 100g 4個

 沖縄の缶詰と言えば私は「わしたポーク」が好き。これは結構沖縄県外でも手に入りますね。私はよく、生活クラブ生協で買っています。

沖縄県物産公社 わしたポーク プレーン 缶詰 180g
 そして!!先日ラジオではじめて知った「沖縄のローカルフード『タコライス』がひと缶でできるタコライスの缶詰」というのが今とても気になっています。
 記事はこちら→安住さんのラジオ日曜天国で紹介された缶詰博士おすすめの缶詰

 こちらもコンビーフハッシュと同じメーカー「沖縄ホーメル」さんの商品です。
 缶詰博士と言われている黒川勇人(くろかわはやと)さんもおすすめの缶詰です。

ホーメル タコライス 缶詰 70g 

 そして「わしたポーク」や「スパム」に代表されるようなポークランチョンミートを使った、沖縄独自のおにぎりが「おにポー」!
 ハワイで人気の「スパムおにぎり」の原型とも言われているようです。
 おにポーの詳細は→おにポーの違いを調べてみる

ランキングに参加しています
にほんブログ村 テレビブログへ



-テレビで紹介
-