テレビ番組 テレビで紹介

鉄腕ダッシュ「世界一うまいラーメンつくれるか」の究極の塩

2014/07/15



究極の塩

 2014年7月13日放送の日本テレビのバラエティ番組「鉄腕ダッシュ」の情報です。

 「世界一うまいラーメンつくれるか」のコーナーで今回、TOKIOの松岡さんが求める食材は「究極の塩」です。

 スポンサードリンク

世界一うまいラーメン

 「世界一うまいラーメンつくれるか」のコーナーの詳細は公式サイトへ。
 こちら→世界一うまいラーメンつくれるか「食材ノート」

 これまでは最高級小麦の「春よ恋」をタネから育てるプロジェクトが進行していました。

 「春よ恋」に関する過去時期は→鉄腕ダッシュ世界一うまいラーメンのソウダガツオと春よ恋

 

函館の塩ラーメン

 今回は北海道出身の松岡さんが、東京都杉並区の函館のラーメン店「五稜郭」を訪問されました。
 公式サイト→函館塩ラーメン五稜郭(ごりょうかく)

 そこで塩ラーメンを食べた松岡さんが気づいた「ラーメンの命」、それは究極の塩でした。

 函館の人気グルメのひとつ、塩ラーメン。ラーメンの本場北海道で、札幌の味噌、旭川の醤油と並んで、函館の塩は三大ラーメンのひとつです。

 函館の塩ラーメンの名店といえば・・・・函館らーめん かもめや、函館麺や 一文字(はこだてめんや いちもんじ)星龍軒(せいりゅうけん)などですね。

 また、函館のラーメン店の多くが「出口製麺」という会社の麺を使用しているそうで、出口製麺の公式サイトには塩ラーメンのルーツとも言われている「函館南京ソバ」のお話が掲載されています。

 「現在、定説となっている(日本で)最も古いラーメンが、東京浅草 「来来軒」の明治43年ですから、それよりも26年も前」に「函館市船場町(現在の金森赤レンガ倉庫群 周辺)の洋食店「養和軒」(店主:陳南養)が新しく始めたという中華料理のメニューの中に「南京そば15銭」 との記載」があったそうです(「」内、出口製麺公式サイトより引用)。

 その他、渋谷区神泉の「アートマサシヤ」の「旨口醤油ラーメン」や、秋葉原の「饗 くろ喜(おもてなし くろき)」の「塩そば」などが紹介されました。

 そのなかの「くろ喜」で教えてもらったのが石川県能登半島の塩でした。

能登の揚げ浜塩

 松岡さんが目指したのは石川県珠洲市(いしかわけんすずし)。

 ここに究極の塩を求めて来た松岡さんが出会ったのが、400年以上の歴史があり、日本が世界に誇る奥能登揚げ浜塩でした。

 奥能登塩田村では、500年前からこの土地で続けられて来た製法で、塩作りを行っており、揚げ浜式製塩は、現在日本で唯一この地区だけに残る製法だそうです。

鉄腕ダッシュで紹介された石川県能登半島の究極の塩

 奥能登揚げ浜塩は、ほんのりとした甘みとしっかりとした辛み、そして味わい深さが魅力で、添加物などが一切使われず、豊富なミネラルがたっぷり詰まった、味わい豊かな本物の塩だそうです。
 番組で紹介された商品は、たちまち売り切れますよね。
 「鉄腕ダッシュ」と同じ商品ではありませんが、同じ地域(珠洲市)、同じ製法でつくられたお塩は他にもあります。

ランキングに参加しています
にほんブログ村 テレビブログへ

-テレビ番組, テレビで紹介
-