テレビで紹介

ZIPで紹介された、アジア人に似合うサングラス

投稿日:2014年7月16日 更新日:



日本人のサングラスは恥ずかしくなくなった?

 2014年7月16日の日本テレビの朝の情報番組「ZIP」で特集された「サングラス」の話題です。

「日本人のサングラスは恥ずかしくなくなった?」と題して、最近のサングラスは改良されているという情報が放送されました。
 

 スポンサードリンク

レイバンのフルフィットモデル

 デザインは変わらず、アジア人にも似合うサングラスをつくっていたのはサングラスの老舗レイバンでした。

 その中でも「フルフィットモデル」というタイプは、鼻のパット部分を厚くして、サングラスが下がりにくくなり、眉とフレームの間が近くなるように設計されています。

 さらにフレームをアジア人の骨格に合わせることで、頬にフレームが当たらないように改良されているそうです。

(レイバン)Ray-Ban 【国内正規品】RB4165F サングラス フルフィットモデル JUSTIN ジャスティン

zoff(ゾフ)のサングラス

 さらにメガネメーカーのZoffでも、アジア人に似合うサングラスの開発によって買う日本人が増加したそうです。
 ゾフではアジア人に似合うスポーツ用メガネ「ゾフ・アスリート」を展開。

 アジア人に適した「ジャストフィットカーブ」で、ファッショナブルでしかもお手頃価格の “ゾフ・アスリート”は、ビギナー・プロフェッショナル問わず長く愛され続けています。


Zoff ATHLETE (ゾフ・アスリート)


にほんブログ村 テレビブログへ

-テレビで紹介
-

執筆者:

管理人:ヨッシー

夫と子供と3人暮らし。
趣味は『自分磨き』と言いたいけれど、そこまでやれていないコスメと漢方と自然食品好きの健康オタク。
「美魔女」を目指しているわけではないが、老化はなんとかして食い止めたいと思っている。