テレビで紹介

「ごちそうさん」化する「マッサン」・・・マッサン第28話

2017/06/01

「マッサン」第28話 あらすじ

 株主たちに本場のウイスキー原酒を飲んでもらうも、「煙臭くてまずい」と不快感を示し、絶体絶命のマッサン(玉山鉄二)のもとに、突然あらわれたエリー(シャーロット)。優子(相武紗季)らと考えたウイスキーに合う洋食、さらには和食を次々と振る舞い、おいしいとウイスキーへの評価が変わっていく株主たち。そんななか、マッサンや大作(西川きよし)はウイスキーづくりにかける熱い思いを株主たちに訴える。

◆今週のあらすじは→「マッサン」第5週の日別あらすじ
◆来週のあらすじは→「マッサン」第6週の日別あらすじ

「ごちそうさん」化する「マッサン」

 日増しに「ごちそうさん」化する「マッサン」。

 昨日も思ったけど、テーマは「お酒」とはいえ、酒も食事のひとつと考えると、料理も捨て置けない。

 昔、職場にいたオジサマが「本当の酒飲みはツマミは食べないんだ。すき腹に飲んだほうがよく酔うからね」と言い、調子に乗って真似したら、えらいこと悪酔いして大変な目にあったわ(笑)。美容と健康とためにも、良い子はくれぐれもすき腹には飲まないように(笑)。
 ワインでは「マリアージュ(結婚)」なんて言って、料理との相性を楽しむけど、ウイスキーだって、日本酒だってビールだって、やはりすき腹にツマミ無しで飲むよりは、美味しい食事とともに頂きたい。だから、ウイスキーの事をドラマにしようと思ったら、料理の話も欠かせないよね。

 「ごちそうさん」がそこそこ当たったので、今回もNHK大阪的に「お料理」も前に出していくのだろうか。
 もしかして、「お料理の担当者」は今回も同じ人?
 「ごちそうさん」同様、白いおにぎりひとつ見ても、やけに美味しそうだ。
 「ごちそうさん」の出演者は皆、放送終了後にトーク番組などで「とにかく、白い塩むすびが美味しかったです」て言っていた。

 今回も、エリーが失敗した「おこげ」ですら、妙に美味しそうに見えるわ。

 そして・・・・悲しいかな「マッサンはサントリーで日本最初の国産ウイスキーをつくる」という実話の部分は、さすがに曲げる事はできないので、含みを持たせた株主総会の結論だけど、まあ「推して知るべし」ですな。

 ちょっと気になったのは、一瞬映った「フィッシュアンドチップス」のポテトが「チップス」ではなくゴロンとした分厚いフライドポテトだったことなんだけど、もしやと思って「フィッシュアンドチップスのWikipedia」を見てみたら、それで正解だった。
 「フィッシュ・アンド・チップスに付く「チップス」は、いわゆるポテトチップスのことではなく、フライドポテト(アメリカで言うフレンチフライのイギリスでの呼び名である(イギリス英語でポテトチップスは一般にクリスプス「Crisps」と呼ぶ)。アメリカ資本のファーストフードチェーンで出されるフライドポテトに比べてイギリスのチップスは太い」ですって。知らなかった。チップス=ポテトを薄切りして油で揚げたものだとずっと思っていた。

 あと、夜、ベッドの中のエリーが寝てるのに化粧が濃いのも気になったけど、これはドラマあるあるというか、どんなドラマでもそうよね。

 エリーが株主総会で出した「干しあんず」を見てマッサンが「なるほど!」と言ったシーンは、そこまでこの夫婦、意思の疎通ができてないのか?個人主義なのか?てちょっと思った。
 あの場で料理を出すのは、ある種のエリーと優子さんからのサプライズだったとはいえ、日頃からマッサンとエリーの間では「日本やったら、干しあんずとかがアテに合うじゃろのう」とか会話して、二人の間では「おなじみ」「定番」であってほしかったなあ。
 だから「干しあんず」を出したエリーを見てマッサンが言うセリフは「なるほど!」ではなくて、「そうそう」とか「そうじゃった」にしてほしかった。

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ



-テレビで紹介