テレビで紹介

海さえ群来(くき)りゃ、こっちのもん-マッサン第92話

2017/06/12

「マッサン」第92話のあらすじ

 マッサン(玉山鉄二)とエリー(シャーロット)は熊虎(風間杜夫)に工場を建てるための土地や大工への仲介を頼む。朝メシ前だと快諾した熊虎であったが…。

◆今週のあらすじは→「マッサン」第16週の日別あらすじ

海さえ群来(くき)りゃ、こっちのもん

 なんか、ずいぶん無計画なマッサンの余市移住です(笑)。
 実際にはもっと計画的に事を進めたと思います。
 とにかくこのドラマでは「猪突猛進」タイプの、思い立ったが吉日という人物像のマッサンなので、鴨居商店を辞めるやいなやASAPで余市へやって来たらしい(笑)。

 普通、熊虎さんに世話になるにしても、手紙一通くらい前もって出すよね。ハガキでもいいし、この時代だったら電話もあるかもしれないし。
 手紙も電話もなしに、「世話してほしい」とひょっこりやって来るほど北海道は近い場所じゃないと思うのですが・・・。

 しかも家族も引き連れて・・・・。

 「朝飯めえだぁ」と言っていた熊さんですが、そうでもない・・・というかすでに温水さんの床屋で熊さんの借金の話題が出ていたのでネタバレでもないと思うけど、実は借金まみれらしいです。

 娘のハナは「小学校の教師をしている」と以前は紹介されていたけど、それも何か事情でもあったのでしょうか?どうも教師をやっている様子はない。
 息子の一馬は父親との確執があるらしい。

 鴨居の大将と息子、英一郎の「親子の確執」のデジャヴかと思いました(笑)。
 ちょっとワンパターンじゃないかしら。

 余談ですが「あさイチ」冒頭の、ゲスト大竹まことさんの風間杜夫談義が面白かったですね(笑)。

ランキングに参加しています!
にほんブログ村 テレビブログ 朝ドラ・昼ドラへ

-テレビで紹介